J1横浜Mは23日、育成組織の練習場として、学生と共同使用する横浜市保土ケ谷区の「横浜国大フットボール場」の完成記念式典を行った。

 横浜国大の敷地内にある約1万平方メートルの土のグラウンドを、横浜Mが費用を全額負担して全面人工芝に改修。照明灯4基も寄贈し夜間練習も可能となった。今後は主に日中は横浜国大の部活動、夜間は横浜Mユースが利用する。

 両者は2007年から業務提携しており、横浜Mの黒澤良二社長は「ユースチームの練習拠点をなかなか見つけらなかった中、互いに利点のある改修ができた」とあいさつ。ユースチームの岩崎真波選手は「芝が柔らかくてプレーしやすい。けが...    
<記事全文を読む>