長期療養が必要な子どもの自立を支援する事業で、サッカーJ1湘南ベルマーレに藤沢市の小学二年高田琥太郎(こたろう)君(8つ)が入団した。血液のがんである悪性リンパ腫の治療を続けながら、今季終了までチームの一員として活動する。平塚市であった発表会見で高田君は「うれしい。みんなと仲良く練習したい」と話し、水谷尚人社長は「私たちも勇気や元気をもらい、それを発信して地域が元気になれば」と語った。

 (吉岡潤)

 事業を企画、運営しているのはNPO法人「Being ALIVE Japan」(東京都)。北野華子理事長によると、長期療養児が成長する機会と、支えるコミュニティーを創出するのを目...    
<記事全文を読む>