サッカーJ2・モンテディオ山形は16日、FW阪野豊史(29)がJ1松本に完全移籍すると発表した。阪野は今季チーム最多7得点を挙げていた攻撃陣の柱。J1昇格圏に入るチームにとって大きな痛手となった。

 阪野は埼玉県出身。2013年に明大からJ1浦和に加入し、J2愛媛に期限付き移籍した16年に木山隆之(たかし)監督の下でプレーした。17年に完全移籍で山形に加わり、リーグ戦全42試合で13得点をマーク。18年はリーグ戦9得点を挙げ、天皇杯4強入りにも大きく貢献した。今季もチーム編成の主軸で21試合に出場し、セットプレーで強さを発揮した。堅守を支えるプレスへの貢献度は高く、13日の...    
<記事全文を読む>