サッカー・J1サガン鳥栖は16日、FWビクトル・イバルボ(29)がJ2V・ファーレン長崎に、DFニノ・ガロビッチ(27)が古巣のディナモ・ミンスク(ベラルーシ)に期限付きで移籍すると発表した。期限はいずれも12月31日まで。

 元コロンビア代表のイバルボは2017年に加入。高いキープ力と推進力を武器に活躍したが、昨年6月末に左膝前十字靱帯(じんたい)断裂の大けがを負った。リハビリを続け、今季のルヴァン杯・仙台戦(4月24日)で約10カ月ぶりに復帰。ただ、その後はコンディション不良もあり、リーグ戦出場は3試合にとどまって無得点だった。この3年間でJ135試合に出場し、7得点。...    
<記事全文を読む>