ベルギー1部シントトロイデンからイタリア1部リーグ(セリエA)のボローニャに移籍するサッカー日本代表のDF冨安健洋(20)が15日、成田空港からイタリアに出発した。

 ボローニャへの移籍を決めた理由については「熱意かな。自分のプレーもよく見てくれていると感じた」と強調した。セリエAに挑戦する初めての日本人センターバックとなる点には「イタリアは守備の国という印象はあるが、素晴らしいストライカーがたくさんいる。そういう選手と対戦できれば成長できる。試合に出ないと意味がない。開幕からスタメンで出られるようにアピールしたい」と意気込んだ。

 2018年1月にJ2だった福...    
<記事全文を読む>