奥川は常に前を向く。けがで戦列を離れた間も逆境をばねに自分を鍛え直し、2連勝に貢献。「プレーはともかく、気持ちの面では全開」。屈託のない笑顔がチームを勢い付ける。
 右サイドバックに「元気印」が帰ってきた。復帰2戦目の7日のINAC神戸戦。パスワークで守備陣を崩しに掛かる相手へのマークを強め、強豪に零封勝ち。辛島監督を「粘り強い守備を見せるなど、調子は戻ってきている」と喜ばせた。
 3月末のリーグ戦で右足首を捻挫。リハビリに約2カ月を費やした。この間、注力したのは体の強化。勤務先である仙台大のアスレチックトレーナーらの助言を受け、全身をバランス良く鍛えた。食事も果物...    
<記事全文を読む>