仙台でのラストゲームに臨むシュミットに、気負いはない。仙台でプレーするのは鹿島戦が最後。地元で勇姿を披露する舞台を前にしても、「いつも通り準備して試合に臨みたい」と冷静だ。
 日本代表として、6月に宮城スタジアム(宮城県利府町)のピッチに立った時と雰囲気が似ている。地元で日の丸を背負っても気持ちを高ぶらせず、ミスなくプレーした。鹿島戦も代表活動で自信を得たコーチングで「失点が多いクロスの時のマークをうまく伝えたい」と意気込む。
 今季は全18試合にフル出場。ここ5試合は好セーブを連発し、計3失点だけ。渡辺監督は「いつも通り準備してくれているのを目の前で見ている。なん...    
<記事全文を読む>