北海道コンサドーレ札幌はあす13日のアウェー大分戦に向けて、紅白戦を行った。MF宮沢裕樹(30)が主力組に入り、6試合ぶりのスタメン復帰の可能性が出てきた。頼れる主将がゲームをコントロールし、上位浮上へ導く。

 宮沢のスタメン復帰が見えてきた。5月25日のG大阪戦で右膝軟骨を損傷し、手術を受けた。3日の天皇杯・ホンダFC戦で実戦復帰。コンディションが上がり、リーグ戦でも試合開始からピッチに立つメドが立った。「(大分には)ホームで負けているので借りを返したい」と決意表明した。

 4月6日の大分戦ではリベロの位置でスタメン出場するも、前半26分までに2点を先行された...    
<記事全文を読む>