Jリーグは11日、6月のJ1月間最優秀選手(MVP)に仙台のDFシマオマテを初選出したと発表した。仙台からの受賞は2014年5月のFW赤嶺(現岡山)以来。
 シマオマテは選考対象の3試合とも先発し、競り合いや球際の強さを発揮した守備で3連勝に貢献した点が評価された。渡辺監督もシマオマテの起用や布陣変更によるチームの再建を評価され、J1の月間最優秀監督賞に決定した。
 シマオマテは「周囲の支えがなければ受賞することはできなかった。クラブに関わる全ての人たちの努力の成果だと思う」、渡辺監督は「大変光栄に思う。現状に満足することなく、高みを目指し、まい進していく」とコメン...    
<記事全文を読む>