ツエーゲン金沢のU-18所属で、プロ契約と来季のトップチーム昇格が決まったU-18日本代表候補のGK上田樹(いつき)(18)=内灘町、遊学館高3年=が11日、同校で会見した。上田は「地元でプロになれてうれしい。早く試合に出て活躍したい」と決意を述べた。
 下部組織からのトップ昇格は、昨年のFW谷口遼弥(遊学館高OB)に次いで2人目。和田昌裕強化・アカデミー本部長は身長188センチの高さ、スピード、キック精度を評価し「国内の同世代でも実力は秀でている」と期待する。
 上田は空手で黒帯、園児の頃から乗馬もたしなむ少年だった。内灘町大根布小4年で地元の内灘SSSに入ってサ...    
<記事全文を読む>