守備重視の堅実な試合運びを見せた中、試合中の2トップへの陣形変更が一定の効果を示した。FW阪野豊史、FWジェフェルソン・バイアーノのダブルエースを軸に、僅差の展開で見られた常とう手段。攻撃の質が向上すれば、流れを大きく変える一手になり得る。

 堅守を志すチームにとって、スコアの動かない堅い試合になることは多い。山形は拮抗(きっこう)した状況やビハインドの展開を打破するため、基本の3―4―2―1から3―5―2への陣形変更を主な選択肢とした。センターバック3人の前にアンカー(中盤の底)としてMF本田拓也を配置し、連動させて前線の形を変える。

 攻...    
<記事全文を読む>