サッカーJ2は第21節最終日の7日、各地で7試合が行われた。モンテディオ山形は松山市のニンジニアスタジアムで愛媛と対戦し、0―0で引き分けた。通算成績は11勝7分け3敗で、勝ち点40。2位京都と同3差の首位で、前半戦を折り返した。

 山形はリーグ戦の前節から先発4人を変更。前後半ともに決定機は少なかったが、今季11度目となる無失点で切り抜けた。愛媛のFW神谷優太(山形市出身)は先発フル出場した。

 その他、京都は長崎を1―0で下し、同37で2位に浮上。甲府に勝った柏も同37とし、得失点差で3位につけた。

 山形の次節は1...    
<記事全文を読む>