◆明治安田生命J1第18節 横浜1-0大分(6日・ニッパツ三ツ沢球技場)

 前節4位の大分トリニータはアウェーで同3位の横浜Mに0‐1で敗れ、4試合ぶりの黒星を喫し、暫定5位に後退した。後半に先制され、攻撃では5試合ぶりの無得点に終わった。サガン鳥栖は7日、アウェーで川崎と対戦する。

■「上位に必要な質が足りない」

 「さらに上」は甘くない。勝てば暫定2位に浮上できた状況で、大分は横浜Mに力負けした。ボールを保持され、シュート数は相手の14に対して2本だけ。4戦ぶりの黒星に、片野坂監督は「J1の上のチームに必要な質や戦術は、まだ足りない」と悔しさを隠...    
<記事全文を読む>