サッカーJ2のFC岐阜は二十一節の六日、福岡市のレベルファイブスタジアムでアビスパ福岡と対戦し、3-1で、約二カ月ぶりの勝利を飾った。北野誠監督の就任後、初勝利で連敗は八で止まった。順位は最下位の二十二位のまま。

 岐阜は前半10分、MF川西翔太選手のミドルシュートで先制。同23分にはFW前田遼一選手が左の折り返しを頭で押し込み追加点を挙げた。後半は福岡に押し込まれ防戦となり、ロスタイムに1点を奪われたが、川西選手がカウンターからのゴールを決め、引き離した。

 次節は十四日、ホームでジェフユナイテッド千葉と対戦する。

<記事全文を読む>