明治安田J3第15節第1日は6日、北九州市のミクニワールドスタジアム北九州などで5試合を行い、最下位(18位)のAC長野パルセイロは北九州と2―2で引き分けた。連敗を3で止めて勝ち点を14としたが、順位は変わらない。北九州は2位から暫定首位へ。

 AC長野は前節から先発を2人入れ替え、GK小沢が5試合ぶりに先発し、松原が左サイドバックに入った。前半3分、左クロスを頭で決められて先制を許した。後半9分、右クロスのこぼれ球を内田が左足でゴール左隅に沈めて同点。18分に前線のワンツーパスで背後に抜けられて失点したが、42分に内田の右クロスを津田が頭で押し込んで追い付いた...    
<記事全文を読む>