明治安田J1リーグ第18節第1日の6日、今季2度目の2連勝を目指す11位神戸(勝ち点21)は敵地のIAIスタジアム日本平(静岡市)に乗り込み、14位清水(同19)と対戦する。今節から後半戦に突入するが、両クラブとも既に監督交代を経験。神戸のフィンク監督は就任後、公式戦4試合で3勝1分けと無敗を続け、清水の篠田監督も5月の着任後、リーグ戦わずか1敗と立て直しに成功した。好調同士の対決に、フィンク監督は「相手の強みを分析している」と対策に余念がない。

■MF郷家 今季初得点狙う

...    
<記事全文を読む>