J1で6位の札幌は7日午後2時から、札幌ドームで17位の松本と対戦する。5日は札幌厚別公園競技場で実戦形式などの練習を行い、後方からの攻撃の組み立てや前線の連係を確認した。

 松本は3連敗中。ロングボールで前線の高さや走力を生かす以外に攻め手が少なく、総得点はリーグワーストの9と苦しむ。警戒したいのはFW前田。15試合1得点と決定力は課題だが、抜群のスピードを誇る。日本代表にも初選出され、南米選手権でプレーした。

 札幌と松本の布陣はともに3―4―3。マッチアップが明確となるだけに、1対1の争いで優位に立ちたい。札幌のボランチ深井は「松本は蹴って、走って、戦って...    
<記事全文を読む>