JA北海道中央会とよつ葉乳業(札幌)は5日、サッカーJリーグ1部(J1)北海道コンサドーレ札幌の選手に、7日から始まる後半戦に向けて道産米などを贈って激励した。

 贈ったのは、米、牛乳・乳飲料、のむヨーグルト各3種類。アジア・チャンピオンズリーグ初出場に向けてリーグ戦3位以内を目指していることにちなみ「3」にこだわった。

 札幌厚別公園競技場を訪れたJA北海道中央会の飛田稔章会長は「米と牛乳のパワーで頑張って」と選手たちににエールを送った。J1復帰3年目で、三度目の正直なるか。まず次節の松本山雅戦で勝ち点「3」を。

...    
<記事全文を読む>