ユアスタのピッチに懐かしい顔があった。
 3日の天皇杯2回戦。対戦相手のJFL・FC大阪和田治雄監督は、過去2度仙台に籍を置いている。
 最初は1997年。まだブランメルと名乗っていた頃、東欧スロベニア出身のエルスナー監督のコーチ兼通訳として在籍した。2度目は2003年秋。初めてのJ1で降格争いに巻き込まれて清水秀彦氏が解任され、後任のベルデニック氏と共に仙台に戻ってきた。
 自身は神戸大卒業後、スロベニアにコーチ留学したキャリアを持つ。当時はスロベニア語の和訳辞書がなく、英語に一度訳してから日本語にして理解するという気の遠くなるような作業を積み重ねたと聞...    
<記事全文を読む>