J1広島のGK大迫が約1カ月間の日本代表招集を終え、チームに合流した。南米選手権では強豪国のレベルの高さを肌で知った。チームを離れていた守護神は「代表に選ばれたからといって、広島でポジションが確約されているわけではない。一からのスタート」と気を引き締める。

...    
<記事全文を読む>