サッカーの第99回天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、NHK共催)第3日は3日、松本市のサンプロアルウィンなどで2回戦29試合を行った。松本山雅(J1)はJ3の八戸(青森)に延長の末に2―3で敗れた。県代表でJ3のAC長野は清水(J1)に0―1で惜敗した。

 松本山雅は1点リードの後半44分に同点に追い付かれて延長に。延長前半3分に田中隼のゴールで勝ち越したが、同7分に再び追い付かれると、延長後半14分に八戸の国分に勝ち越しゴールを決められた。

 AC長野は前半を0―0で折り返し、後半ロスタイムに自陣右から入れられ...    
<記事全文を読む>