悲願の初タイトルへの挑戦が再び始まる。昨季は初の決勝進出も浦和に敗退。当時は大会規定で出場できないもどかしさを味わったハモンロペスが、今季は満を持して初戦を待つ。
 仙台に2季ぶりに復帰したのは昨年9月。天皇杯は前所属の柏で既に出場したため、選手登録できなかった。「(決勝は)勝てた試合。出たら少しは貢献できた」と歯がゆさが残った。
 天皇杯には強い。柏時代の2017、18シーズンは計5試合で4得点と活躍。「結果を残すことでモチベーションは高まる」。一発勝負のトーナメントにあって、気持ちが乗りやすいストライカーは頼もしい。
 FW陣にけが人が相次ぐ。YBCル...    
<記事全文を読む>