サッカーのベルギー1部シントトロイデンへの移籍が決まり、2日に記者会見したJ1仙台のGKシュミット・ダニエル(27)に対し、チームの選手やスタッフ、関係者から「海外でさらなる飛躍を」などと激励の声が聞かれた。
 仙台からは昨年8月にロシア1部CSKAモスクワに加入したFW西村拓真(22)に続く海外移籍。渡辺晋監督(45)は「成長して仙台から羽ばたき、感慨深い。現場は苦しい思いがあるが、彼の決断を尊重して送り出したい」と語った。
 仲間も温かく送り出す。同じGKの関憲太郎(33)は「これからの日本を代表する選手。ダン(シュミット)のファンでもあるので頑張ってほしい」と...    
<記事全文を読む>