J1磐田は2日、ヤマハスタジアムで鈴木秀人新監督(44)の就任記者会見を開いた。3勝5分け9敗の最下位で名波浩前監督(46)からチームを引き継ぐことになった新指揮官は、厳しさを前面に押し出して残留争いに挑む決意を示した。
 鈴木監督は会見で厳しい表情を崩さなかった。就任から2日間の非公開練習では選手に「厳しくやらないと勝負事は勝てない」と甘えを許さない雰囲気づくりに着手した。
 再建が急務となる中、3日の天皇杯全日本選手権2回戦のホンダロック(宮崎)戦をはさみ、6日に鹿島とのリーグ戦が控える。準備期間は限られ、基本的な戦い方は変えないが、選手には「最下位という現実を...    
<記事全文を読む>