頼もしい存在が帰ってきた。駒井と宮沢が、きょう3日の天皇杯で実戦復帰する。右膝半月板損傷で開幕前に手術を行った駒井にとっては今季初の公式戦。右膝軟骨手術で戦列を離れていた宮沢は、5月25日のG大阪戦以来のゲームとなる。

 駒井は「楽しんでやりたいなと思います」と短い言葉に思いを込めた。昨季は29試合に出場し、4位躍進の原動力になった。リーグ後半戦はフル回転が期待される。現在JFL首位のホンダFCとの対戦を前に「確認のためのゲームではない。勝たなければいけない」と気を引き締めながらも、「少しでも後半戦チームの力になれるよう、あすの試合から感覚を取り戻していかないと」と意気込ん...    
<記事全文を読む>