サッカー・J1サガン鳥栖のフェルナンド・トーレス(35)は2日、福岡市のヤフオクドームでプロ野球・ソフトバンクホークス-楽天イーグルス戦で始球式を務めた。トーレスは「日本のチャンピオンの球場で投げられて光栄だ」と笑顔で話した。

 本番前、ホークスの三塁手松田宣浩とキャッチボールで肩ならし。大歓声を受けマウンドに登場、四方に一礼した。セットポジションから投げたボールは左打者の背中側に外れたが、ノーバウンドで捕手のミットに収まった。トーレスは報道陣に「もっと練習しないとね」と苦笑い、「カーブも覚えたい」とおどけた。

 鳥栖はホークスと2014年から連携。13日のサン...    
<記事全文を読む>