サッカーJ1ジュビロ磐田は1日、新監督に鈴木秀人氏(44)が就任すると発表した。ヘッドコーチからの内部昇格。2日に記者会見を行い、3日の天皇杯全日本選手権2回戦のホンダロック(宮崎)戦から指揮を執る。
 浜松市出身の鈴木監督は1993年、浜松商高から磐田の前身ヤマハ発動機入り。2009年までDFとして磐田一筋でプレーし、黄金期を支えた。96年アトランタ五輪で日本がブラジルを撃破した「マイアミの奇跡」のメンバー。現役引退後は磐田の下部組織を指導し、14年からトップチームのコーチとして名波浩前監督(46)らを支えた。
 磐田の小野勝社長(61)は「火中の栗を拾う作業から...    
<記事全文を読む>