明治安田J3第14節最終日は30日、長野Uスタジアムなどで5試合を行い、最下位(18位)のAC長野パルセイロはG大阪U―23に1―2で敗れ、3連敗で5戦未勝利(1分け4敗)となった。

 AC長野は布陣を4―4―2に変更し、今季初先発の堂安が中盤の右、国領がボランチに入るなど先発を6人入れ替えた。前半20分、立川のパスミスを突かれて左クロスから失点。42分に山口の左クロスを三上が頭で直接決めて、1―1で折り返した。後半は7本のシュートを放ったが得点できず、32分に縦パスからゴール前で反転されて決められた。

 第15節は7月6、7日。AC長野は6...    
<記事全文を読む>