サガン鳥栖はFWトーレスの2得点など今季最多の4ゴールで4試合ぶりに白星を挙げた。

 試合は前半から大きく動いた。9分、MF原川がFKを決めて先制。14分にFWドウグラスのゴールで同点とされたが、その2分後にMF安庸佑のクロスをトーレスが頭で合わせて勝ち越した。トーレスはさらに20分、DF小林からのクロスを再び頭でゴール。26分に1点返され、その後も攻め込まれたが、DF高橋秀を中心にしのいだ。

 3-2で迎えた後半、序盤は立て続けにシュートを浴びたが、GK高丘がゴールを死守。すると20分、FKのこぼれ球に反応した高橋秀がだめ押しの4点目を決め、そのまま逃げ切った...    
<記事全文を読む>