サッカー・J1サガン鳥栖はリーグ戦第17節の30日、鳥栖市の駅前不動産スタジアムで清水エスパルスと対戦し、4-2で4戦ぶりの勝利を飾った。通算成績は5勝1分11敗(勝ち点16)で順位を最下位の18位から16位に上げた。

 鳥栖は前半9分、原川力がフリーキックを直接決めると、16分と20分にフェルナンド・トーレスが頭でゴール。後半20分には高橋秀人が右足で蹴り込み、清水を突き放した。4得点以上は2014年3月の開幕戦以来(徳島を5-0)。

 第18節は6、7の両日あり、鳥栖は7日午後7時から神奈川県川崎市の等々力陸上競技場で川崎フロンターレと対戦する。

...    
<記事全文を読む>