サッカーの高円宮杯U―18(18歳以下)プレミアリーグ東地区は30日、磐田スポーツ交流の里ゆめりあサッカー場などで第8節5試合を行った。磐田ユースと清水ユースが対戦した今季初の静岡ダービーは2―2で引き分けた。
 清水は後半39分、CKからDFノリエガ・エリックのゴールで勝ち越したが、終了間際に磐田のMF長谷川夢作が決めて追い付いた。
 両チームは12月1日、アイスタ日本平での第17節でも激突する。

 ■磐田Y執念 ロスタイム、長谷川同点弾
 磐田ユースの執念が実った。1―2の後半ロスタイム。ゴール前の長谷川は右クロスを空振りしたが、...    
<記事全文を読む>