仙台がクラブ史に新たな1ページを刻んだ。J1でのチーム新記録となるホーム6連勝を達成。気迫のこもった守備に加え、相手の隙を的確に見抜いて奪った2得点が痛快だった。
 後半19分の決勝ゴールは相手GKに圧力をかけて呼び込んだ。長沢がボールをしつこく追って不用意なパスを誘発し、道渕が奪って右クロス。GKに当たったはね返りを、関口が「ボールだけに集中できた」と無人のゴールに蹴り込んだ。
 敵陣深くでのボール奪取を、渡辺監督は前半だけ指示していた。指揮官は「選手が自発的に考えて動いて彼らの隙を突いた連動性、判断は素晴らしかった」とたたえた。2戦連続の決勝弾となった関口の「(...    
<記事全文を読む>