唐津市の硬式少年野球チーム「唐津ボーイズ」が、日本少年野球選手権大会西九州支部予選(中学生の部)で31年ぶりに優勝し、8月に大阪府で開かれる全国大会出場を決めた。主将の宮原結仁(ゆうと)さん=唐津第一中3年=は「まずは初戦を突破し、勢いに乗って勝ち続けたい」と闘志を燃やす。

 ボーイズリーグには春と夏に全国大会がある。唐津ボーイズの夏の全国出場は31年ぶり4回目で、春も10年近く遠ざかっていた。

 6月に長崎県で開催された予選には西九州支部の12チームが出場。唐津ボーイズは2回戦から登場し、決勝では春の全国大会に出場した西松ボーイズ(有田町)を10―4で下した。...    
<記事全文を読む>