東北楽天は投手陣が踏ん張れなかった。7-6の八回、5番手森原が代打清田に同点打、マーティンに決勝2ランを許した。先発菅原は五回途中3失点(自責点2)で降板した。
 打線は二回、和田のプロ初打点となる適時二塁打で先制。1-2の五回は山崎の適時二塁打で追い付き、ウィーラーの適時打、渡辺佳の適時二塁打で2点を勝ち越した。5-6の八回は浅村が逆転2ランを放ったが、九回は無得点だった。

 ロッテ-東北楽天13回戦(ロッテ7勝5敗1分け、17時00分、ZOZOマリンスタジアム、28,802人)
東北楽天010031020=7
ロッテ 020013...    
<記事全文を読む>