浅村の逆転2ランで東北楽天に勝利のムードが漂った八回、まさかの展開が待っていた。
 マウンドには19試合連続で自責点がない森原が上がった。しかし、新加入のマーティンに左越え2ランを浴びるなど3失点。「風も含めて自分のコントロールミスだった」。右腕は厳しい表情だった。
 この回、1死二塁から清田に左前適時打を浴びてあっさりと追い付かれてしまった。ここで歯止めが利かなかった理由の一つに、風速10メートル以上吹いていたこの球場独特の風が挙げられる。
 「変化球の曲がりがいつもと違った」。違和感を覚えながらも2死一塁で迎えたマーティンに投じた4球目のフォークボール...    
<記事全文を読む>