野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は26日、小山運動公園野球場で武蔵と対戦、2-11で敗れた。通算成績は10勝2分け4敗となり、群馬に同率で首位に並ばれた。

 栃木GBは1点を先制された直後の二回、1死から連続四球でチャンスをつくると、秋庭蓮(あきばれん)、内山翔太(うちやましょうた)の2本の適時打で逆転に成功した。

 しかし先発前田大佳(まえだまさよし)の制球が定まらず、3本塁打を浴びて四回4失点で降板。救援陣も武蔵打線に捕まり失点を重ねた。頼みの打線も三回以降は散発4安打だった。

 次戦は27日午後1時から、栃...    
<記事全文を読む>