ベンチスタートだった助っ人外国人がチームを救った。
 東北楽天のウィーラーが2-3の八回2死一、二塁から逆転の3ランを左中間席へたたき込んだ。2番手石川が投じた初球の直球を豪快に振り抜き、高々と上がった打球を見上げた。
 「最高だった。(この場面での一発が)必要だった」。ゆっくりと本塁へ進める歩みは自信に満ちていた。
 後半戦はこの試合前まで8試合で打率1割7分9厘、0本塁打と調子を落としていた。平石監督は「打席での迷いがある。どんな球でも対応しようとして割り切りができていない」と先発から外した。
 試合開始からグラウンドに立てない悔しさを抱えな...    
<記事全文を読む>