プロ野球公式戦の巨人-ヤクルト(岐阜新聞社、岐阜放送など後援)が25日、岐阜市長良福光の長良川球場で行われ、詰め掛けた約1万8千人のファンが選手たちの一投一打を見つめ声援を送った。

 長良川球場での巨人戦は2年ぶりの開催。首位を独走する巨人を一目見ようと、午後4時の開場前から多くのファンらが列をつくり、客席はチームカラーのオレンジ色に染まった。

 津市から父親と訪れた小学4年生(10)は「ホームランがたくさん出る試合が見たい」と話し、オレンジ色のタオルを手に声援を送った。愛知県常滑市から家族で訪れた小学5年生(10)は初めての長良川球場での観戦。「きれいな球場。...    
<記事全文を読む>