宮崎県で開催された中学硬式野球の第45回ポニーリーグ全日本選手権は、沖縄県代表の宜野湾ポニーズと沖縄中央ポニーが勝ち上がり、県勢同士が24日の決勝で対戦した。宜野湾が8―2で沖縄中央に勝利し、優勝を決めた。宜野湾は3月の全日本選抜も制しており、2冠となった。

 宜野湾は準々決勝を1点差で勝利するなど接戦をものにして勢いに乗り、沖縄中央は初戦から2試合連続のコールド勝ちなど高い得点力を発揮してそろって決勝に進出した。

 優勝戦は宜野湾が序盤からの固め打ちでしっかりと得点を重ね、エースのマーガード真偉輝と東恩納尚紀の継投で、食らい付...    
<記事全文を読む>