ジョンソンにとって、援護点は一回の2点で十分だった。許した安打と四球はともに一つで3年ぶりの完封。「全力を尽くしてストライク先行で投げた。うれしい」。6月16日以来の7勝目。今季最多の120球を投じた疲れは見せず、笑顔が絶えなかった。

...    
<記事全文を読む>