第90回都市対抗野球大会第11日は23日、東京ドームで準々決勝3試合が行われ、日立製作所(日立市)はNTT西日本(大阪市)に3-2で競り勝ち、3年ぶりの準決勝進出を決めた。

日立製作所は2-2の六回、森下翔平のソロ本塁打で勝ち越し。投手は若手を中心に5人をつぎ込み、逃げ切った。

第12日は24日、同球場で準決勝2試合を行う。第1試合(午後2時開始予定)はJFE東日本(千葉市)-東芝(川崎市)、第2試合(同6時開始予定)は日立製作所-トヨタ自動車(豊田市)。

■日立製作所・和久井勇人監督(57) 投手陣の奮起

“日立&rdquo...    
<記事全文を読む>