◆西武10―3オリックス(21日・メットライフドーム)

 山川が昨年に続き両リーグ30号一番乗り。2年連続両リーグ最速30号は12、13年のバレンティン(ヤクルト)以来で、日本人では97、98年の松井(巨人)以来。西武選手では53~55年の中西以来2人目だ。山川は昨年、今年と10、20、30号が両リーグ最速。2年続けて全て最速は66、67年の王(巨人)以来となった(王は40号も2年連続)。47本でタイトルを獲得した昨年の山川は30号が8月10日、チーム98試合目だったが今季は88試合目と10試合上回っている。

■逆転3ラン

 淡いブルーの「令王(レオ...    
<記事全文を読む>