ルートインBCリーグは20日、富山市民球場などで4試合を行い、信濃グランセローズは同じ西地区の富山に8―1で勝った。引き分けを挟まない4連勝は今季初。後期通算9勝4敗とし、順位は2位のまま。

 信濃は、佐渡が5安打1失点の好投で完投。四回までに3度、三塁に走者を進められたが、後続を断つ粘りが光った。打線は二回、山本のソロ本塁打で先制。四、六回に1点ずつを加え、九回は2死から6連続四球を選ぶなどして4点を追加し、突き放した。開幕からの連続試合出塁のリーグ記録を更新中の田島は一回に左安打を放つなどし、記録を49に伸ばした。

 信濃は21日、福井県...    
<記事全文を読む>