沖縄初のプロ野球チームの設立と日本プロ野球機構(NPB)への参入を目指す、BASE沖縄野球球団の小林太志代表と田尾安志エグゼクティブアドバイザーらは18日、県庁で記者会見を開き、11月にトライアウトを行い、2020年1月にチームを始動すると発表した。チーム名は「琉球ブルーオーシャンズ」。沖縄の青い海と無限に広がる可能性へ出発するという意味を込めた。

 宜野湾市に本社を構え、宜野湾市と浦添市を本拠地、宮古島市を準本拠地として活動していくという。横浜DeNAベイスターズの選手だった小林氏と、東北楽天ゴールデンイーグルスの初代監督を務めた田尾氏の下、10月までに監督などのスタッフ...    
<記事全文を読む>