プロ野球・西鉄ライオンズや福岡ダイエーホークスの本拠地だった平和台野球場の歴史を振り返る展示会が、福岡市早良区百道浜の市総合図書館で開かれている。30日までの予定だったが、9月1日までに期間が延長された。

 「平和台」は、1948(昭和23)年の第3回福岡国体の会場として造られた。土地は戦後、連合国軍総司令部(GHQ)に接収されていたが、国体事務局長だった岡部平太(1891~1966)=糸島市出身=が何度も折衝。「スポーツのピースヒルにしたい」と説得し、「平和台」と名付けて創設した。

 野球場は国体でサッカー場として使われた施設を取り壊し、49年に建設。プロ野球...    
<記事全文を読む>