若き才能の復調が、V奪還の鍵を握る。日本ハムの栗山英樹監督(58)は18日、福岡空港で取材に応じ、不振に苦しむ清宮幸太郎内野手(20)の1軍帯同を明言した。前カードでチームは首位・ソフトバンクに3連勝を飾ったが、清宮は28打席連続無安打と快音から見放された。それでも、勝負の後半戦において強打者の存在は必要不可欠。大砲の秘めた潜在能力を解放するため、指揮官はその背中を押し続ける。

 苦しむ日々を乗り越えて、若き大砲は進化を遂げる。福岡から空路札幌へ移動した栗山監督は、不振にあえぐ清宮について「このまま東京に帰すという選択はしていない」と、引き続き1軍に帯同させる考えを明らかに...    
<記事全文を読む>