日本製鉄室蘭シャークス(比嘉泰裕監督)がきょう17日、第90回都市対抗野球大会(東京ドーム、25日まで)の初戦を迎える。ナインは前日の16日まで都内を中心に練習に汗。悲願の全国初勝利のため、最終調整に余念がなかった。

 シャークスは8日に東京入り。同じく全国出場する日本製鉄鹿島(茨城県鹿嶋市)、宮崎梅田学園(宮崎市)とのオープン戦などで連係を確認した。

 初戦を直前に控えた16日には、法政大川崎総合グラウンドで練習。雨のため急きょスケジュールを短縮したが、野手は活発な声を上げながら室内練習場でのフリー打撃、屋外のノックで入念に体を動かした。投手陣はブルペンでの投...    
<記事全文を読む>