◆西武5-6ロッテ(15日・メットライフドーム)

 サヨナラを信じるファンの大歓声はため息に変わった。1点を追う9回2死二、三塁。通算400号に王手をかけている中村が遊直に倒れた。終盤のチャンスをことごとくつぶし、逆転負け。辻監督は「もう一本が出なかった」と表情を硬くした。

 大荒れの序盤から1点を巡る攻防で試合は進んだ。後半戦の開幕投手を託された今井は2回に2点差に迫られ、なお続くピンチに“2ラン暴投”で同点とされるなど、2回までに4失点。指揮官は「自滅だよね。コントロールが悪すぎる。(初回に)4点取って逆転してもらったのに」と厳しい。...    
<記事全文を読む>