プロ野球ウエスタン・リーグ公式戦「山陽新聞創刊140周年記念 ダイワハウススペシャル 阪神―広島」(阪神タイガース、山陽新聞社主催)が15日、倉敷市のマスカットスタジアムであり、1万2千人を超す観衆が1軍昇格を目指す選手らのプレーに沸いた。試合は首位の阪神が2位の広島に2―3で敗れた。

 阪神は、0―1の三回に小幡が右中間二塁打、江越は左前打とタイムリー2本で勝ち越し。しかし四回にサンタナのソロアーチで追い付かれ、九回には代打永井に決勝タイムリーを中前に運ばれた。広島は岡山ゆかりの2投手が好投。先発・野村(倉敷市出身)は7回を2失点に抑え、藤井皓(笠岡市出身)は九...    
<記事全文を読む>