プロ野球東北楽天は15日のオリックス戦(京セラドーム大阪)からペナントレース後半戦に入る。前半戦は40勝40敗2分けの勝率5割、パ・リーグ4位で折り返した。平石洋介監督(39)に前半戦の総括や後半戦への意気込みを聞いた。(聞き手はスポーツ部長・古田耕一)

 前半戦は則本昂大、塩見貴洋両投手が手術で出遅れ、岸孝之投手も開幕戦でのけがで一時離脱する中、最大10の貯金をつくり、一時は首位に立った。平石監督は「かなり厳しい戦いになると覚悟したが、他の投手や打線がカバーし、予想よりも勝ち星を重ねられた」と振り返った。
 好調が一転、6月下旬から10連敗を喫した。「開幕から驚...    
<記事全文を読む>